店舗経営指導員、スーパーバイザー、SA、ストアアドバイザー、商圏調査、リテールマーケティングなどの仕事に就くには?

第二新卒者のための転職ガイド〜スキルもない、経験も少ない、そんな20代前半のための職業事典
 転職TOP > 営業・セールス > 営業事務系


 店舗指導員になるための転職相談Q&A

  どんな仕事?店舗指導員とは

このサイトでは、営業やセールスに関する転職の情報をまとめてあります。



店舗指導員の仕事は、コンビニエンスストアなどのフランチャイズチェーンにおいて、管理下の店舗に対し、経営指導を行う仕事です。企業によっては、OFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)などと呼ばれることもあります。

一般には、店舗指導員は1人につき7〜8店を担当し、週2回以上訪問します。周辺環境、天候、気温、地域の行事・催事によってお客様のニーズは常に変化するため、変化に対応した品揃えの提案や、アルバイト・パートさんの教育、お店の清掃に至るまでアドバイスを行います。

入社後は、2〜3週間の入社時研修を行い、トレーニング部に配属。店舗でのOJTや棚卸業務を通じて店舗運営の基礎を学びます。その後、直営店のトレーニングストアに配属され、実際のお店の経営を体験します。入社から店舗指導員になるまでの研修期間は約1年半〜2年です。

この営業の求人は、転職サイト リクナビNEXT の4,000件の中から検索できます。

また人材紹介会社@typeパソナキャリアなどには未公開の求人がかなりありますので、こちらもご利用下さい。

 人材紹介会社で公開求人数を比較!
営業の求人件数 公開求人数の目安 営業所
知名度1位
DODA(デューダ)
1,000〜1,500件 全国
ITに強い
人材紹介アイ・アム
900〜1,000件 東京・大阪
求人数1位
株式会社リクルートエージェント
300〜400件 全国
転職ならパソナキャリア 500件〜 全国
@type 人材紹介 600件〜700件 東京






 店舗指導担当者になるのに、資格や経験は必要?年齢不問の求人ってある?


営業経験のある方が歓迎されます。店舗と協力した店作りを行うため、コミュニケーション力やリーダーシップといった能力が求められます。エリアを車で走り回るため、普通免許は必ず必要になります。

具体的には、年上で経験豊富なオーナーや意欲のないオーナーを説得するコミュニケーションスキルや、機会ロス・廃棄ロスを減らし適正な在庫を保ったり、発注の分散化、新商品の導入、結営数値分析などです。


 店舗指導を求人している企業


セブンイレブンや、ローソンなどのコンビニチェーンでは通年採用を行っています。




 お薦めの転職・人材紹介サイト!


DODA(デューダ)(営業職のページへ)
転職のプロに相談できるインテリジェンスのDODA。スカウトサービスやキャリアコンサルティングも充実しています。支店も全国に展開しています。




 人材紹介会社を利用してみましょう


リクルートエージェント  
リクルートの大手人材紹介会社。キャリアアドバイザーが、生の情報や面接アドバイスなどをサポートしてくれます。(拠点:東京・横浜・大阪・京都・神戸・福岡・名古屋・広島・札幌・仙台)
人材紹介会社のリクルートエージェント


とらばーゆ*net
とらばーゆ*netでは、会員向けに適職診断サービスをスタート。営業、ファッション販売、編集・WEB関連の専門職、美容、医療分野まで幅広い求人情報も満載。



サイト内を検索

Web 1tokyo.info

カテゴリー
営業・セールス
IT業界の営業
金融業界の営業
建設・建築・土木・設備営業
メーカー・製造業の営業
その他代理店営業など
新規開拓営業
企画・提案営業

営業事務系

テレマーケティング系


転職 | 人材紹介 | マンション | 東京情報 | 中古車買取 | TOEIC | スクール | 生命保険 | 自動車保険 |

Copyright (C) 2005 第二新卒者のための転職ガイド All Rights Reserved.  This document maintained by 東京情報